審査緩い金融会社

審査に通りやすい消費者金融一覧

違法業者以外で一番審査基準が緩くて借りやすいと評判の高い金融会社、サラ金、等を紹介

審査基準の緩い融資先をお探しの方の殆どは、現在の借入件数が多くて審査に通るのが困難な方で
しょう。そういった複数借入者は、信用情報機関の個人データに現在の借入状況がすべてインプッ
トされていますので、新規借入の際には破産予備軍として警戒されてしまい、審査で落とされ
ることも多くなってきます。借入件数が増えれば増えるほど、審査に通ることが困難となって融資
が可能な金融業者の数も限られてきます。

審査基準の違い

各金融会社によって与信審査の基準は違ってきます。基本的に貸付金利を低く設定しているサラ金
業者ほど与信審査が厳しく設定されていることが多く、逆に貸付金利が高い業者ほど与信審査は緩
くなっています。

与信審査を厳しくするほど、融資の対象となる顧客の質も向上することから、融資金の回収不能と
いったリスクから回避します。

しかし、逆に与信審査を緩くするほど、融資の対象となる顧客が他社からの借り入れをしている多
重債務者となってしまうことから、当然貸出リスクも高くなってきます。

つまり、借入先を選ぶ場合は、借りる側に選択権があるのではなく、あくまでもお金を貸す側に選
択権がある
ということです。

確実に審査に通るためには

前述したように、各金融業者によって審査基準は異なっていることから、他社からの借入件数が多い複数借入者などは審査基準の緩い業者を選択しなければなりません。

逆に、比較的借入が少ない方は、大手や中小規模の消費者金融を選択しても問題ないでしょう。以下は借入状況から判断する融資先です。

借入件数から判断する融資先の目安


0借入件数別の消費者金融一覧
消費者金融一覧

利用回数と信用の向上の関係

利用回数が増えるとともに、金融業者への信用も向上していきます。当初こそ信用が低いことから
借り入れ限度額が低く設定されていた方も、金銭消費賃借契約で定められた契約内容に基づいた返
済を履行していれば、必然的に信用度は上がっていき、半年くらい経過すれば融資枠アップの打診
が入ってくるでしょう。

その打診を快諾すれば、融資可能額はアップします。といっても、貰える額ではなく借りれる額な
のであって、所詮は借金であるという認識を忘れてはなりません。

貸金業者の種類

  • 消費者金融
  • サラ金
  • 信販会社
  • 銀行カードローン
  • 質屋

低金利での融資

消費者金融でキャッシングをすれば元金と併せて毎月の利息を支払う義務が発生します。貸金業者は法律で定められた法定金利の間で、消費者に対して金利を請求することが出来るのです。かつては30%近い年利をとっていた金融業者も、現在では18.0%以内に制限されていますので、以前ほど利益をあげることはできません。

したがって消費者金融は貸し倒れを防ぐために、優良顧客のみ扱うようになったのです。借入件数が4件以上の複数借入者や、信用情報機関に事故情報として登録されているような人が審査に通らなくなったのは、こういった事情があったからです。

消費者にとってもキャッシングをするなら可能な限り低金利の金融機関を利用したいと考えます。一番金利が低い業者は銀行などの大手金融機関ですが、銀行のフリーローンは審査が厳しいのでなかなか狭き門となっているのが実情です。したがって、大手銀行系列の消費者金融が事実上一番低金利といっていいでしょう。