キャッシング

借入件数別消費者金融一覧

キャッシング会社をお金を借りるためには、審査に通らなければ借りれません。審査は各キャッシング会社によって異なってきますが、主な審査項目はどのローン会社も同じです。一番重要な審査項目は、現在他社から借りている借り入れ状況です。

もしも複数の金融業者から借りているようでしたら、審査に通ることは難しくなります。借り入れ件数が3件以上ある方は、大手銀行系のキャッシング会社は回避して、中小中堅規模の消費者金融を選んだほうが賢明です。

一度でも審査に落ちてしまうと、信用情報機関のデータに残ってしまうので、次の審査に影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

低金利が魅力の大手銀行系消費者金融

消費者にとってもキャッシングをするなら可能な限り低金利の金融機関を利用したいと考えます。一番金利が低い業者は銀行などの大手金融機関ですが、銀行のフリーローンは審査が厳しいのでなかなか狭き門となっているのが実情です。したがって、大手銀行系列の消費者金融が事実上一番低金利といっていいでしょう。

中堅規模

大手銀行系消費者金融

現在の借入件数が以内の方向け
 審 査  多重債務者には厳しい
 対 象  比較的借金の少ないサラリーマン
 金 利  3.0%〜12.0%

中堅クラスの消費者金融一覧

比較的審査が緩い中堅消費者金融の利用は以下の条件に該当する人になります。

  1. 大手消費者金融、大手カードローンの審査に通らなかった人
  2. 多重債務者
  3. 柔軟審査の金融業者をお探しの方

基本的に中堅の業者は大手で借りれなかった人を対象としていますので、余程のことがない限り審査に通ると思います。ただ、支払いの遅延者や自己破産などをして信用情報機関のブラックリストになっている人は難しいでしょう。

中堅規模

審査が緩い中堅消費者金融

現在の借入件数が3件〜6件程度の方向け
 審 査  甘い、普通
 対 象  大手の審査に通らない人
 金 利  15.0%〜18.0%

一番審査基準の緩い金融業者をお探しの方

中堅クラスの消費者金融で審査に通らなかった人は、かなりの問題を抱えていることが想像できます。

  • 借入件数が多い→多重債務
  • 借金総額が多い→多重債務、総量規制
  • ブラックリスト→信用情報機関の事故情報に登録
  • 無職→収入

上記の項目に接触している人は、大手や中堅の金融会社ではまず審査に通ることはないでしょう。可能性があるとすれば、更に小規模の零細業者しかありません。

激甘

激甘審査の零細消費者金融

現在の借入件数が4件以上の多重債務者向け
 審 査  激甘、極甘、甘い
 対 象  多重債務者、中堅の審査に通らない人
 金 利  18.0%〜